• Japanese traditional crafts for the world!

  • 会社概要

    ご挨拶

    当社は日本の工芸品の販売を中心とした業務を展開する『日本工芸株式会社』です。

    これまで、日本全国の窯やメーカー様など数百社を訪問させていただき、貴重なお話をきかせてもらってまいりました。その中で、職人・メーカー様のものづくりへのこだわりや歴史との関連性、創意工夫、商品の精緻さ美しさに非常なる感銘を受けてきました。

    ただ、同時に”これらの素晴らしさが十分に市場に伝わっていないのではないか”と課題を感じはじめたのも事実です。そこで、自社で仕入れ、ECを中心に国内外に販売する事業で発展に貢献しよう思うに至りました。今は『新しいお客様と目利きした商品を結びつける』という挑戦もおこなっています。

     

    皆様にお力をお貸しいただきながら、日本の工芸品を通して、コトを伝え、ものづくりの新しいステージづくりに寄与し、また地元・日本を、より誇りに思える国とするためのビジネスを展開していきたいと考えております。

     

    小さな会社ではございますが、志を持ち精一杯仕事に取り組んでまいります。

    どうぞよろしくご支援くださいますようお願い申し上げます。

    会社名

    日本工芸株式会社

    事業ビジョン

    日本の工芸、職人の技・製法へのこだわりや精神性、歴史背景を理解し商品流通してまいります。日本の工芸品を愛する国内外の人、世の中に広げていきます。

    Logo

    工芸の”工”を型取り、色は銀朱(洋名、バーミリオン)。銀朱は保護と再生を表し、古くは『続日本紀』に記載があり、弥生時代にかけては祭事で活用されていた。登録商標(登録番号第6102874号)。

    住所

    東京都新宿区西新宿1-1-6 12 SHINJUKU731 〒160-0023

    取引銀行

    みずほ銀行 新宿中央支店

  • 業務内容

    日本の工芸品の販売を中心とした事業で発展に貢献いたします。

    ①越境EC事業

    工芸品をセレクトし仕入れ、国内外に向け自社オンラインにて販売

    厳選した日本の工芸品を世界へ届ける通販サイト「日本工芸堂」運営(日本語・英語)

    ②海外販売事業

    日本の工芸品を取り扱う店舗への輸出、および自国ECモールで販売する事業者(日本国内外の)への卸

    WEB活用、海外展示会への出展などで新規distributorを開拓

     

     

    ③販路開拓サポート事業

    ECを含めた販路開拓の作戦計画立案・実践サポート、およびそれらに関する講演活動

    <自社EC(越境EC含む)>

    ・自社のリソースにあったEC展開案の策定サポート

    ・サイト制作・物流・集客など一連のビジネスモデル設計、実施、運用サポート

    <アマゾンなどECモールを活用した販売>

    ・ECモール活用の作戦計画立案・サポート

    ・販売加速の作戦計画策定、実施サポート

    <新規事業・販促>

    ・ビジネスモデル設計、マーケティング戦略立案

    ・ECを絡めた販売戦略立案・実行

    ・WEBを絡めたBtoB営業の加速

  • 実績

    工芸品販売や販売サポートおよび講演活動の実績一部を掲載します。

    中国向け越境EC

    ②海外販売事業

    中国最大の国営放送CCTV(日本でいうとNHK)が運営する「CCTVモール」の日本館内に中小企業の商品に特化した専門ショップ「邂逅迷你日本」が設置された。この中の工芸品の選定をさせていただいています。全て中国語にて商品説明掲載・販売中。

    事業設計・サイト構築

    ③販路開拓サポート事業

    「創業して自社のECサイトおよび情報発信サイトを構築したい。」自社のリソースを鑑みたビジネスモデルのご提案。物流・商流・サイト構築をサポート。

     

     

    工芸品選定・事業立案サポート

    ③販路開拓サポート事業

    東証一部上場企業内新規事業として工芸品ECサイトを構築したいという相談。商品選定、物流の選定など事業立ち上げに必要な項目整理してい提案(詳細)。

     

     

     

     

    展示会出展・販路開拓

    ②海外販売事業

    中国国内最大のインテリア、ファッション系バイヤーが集まる展示会“モード上海”(2018年10月)に参加、新規取り扱い店舗獲得。その場での販売と数入れもしていただき追加オーダーも多くいただきました。中国の地方都市の雑貨インテリア系の店舗が特徴を出すために日本の工芸品を販売するケースが増えているようです。

     

    移住交流フェア

    ③販路開拓サポート事業

    総務省主催の「地域の魅力発信!移住交流フェア」の体感ゾーン(地域のリアルを体感できるコンテンツ展開)、伝統工芸コーナーのアレンジを依頼頂きました。津軽びいどろ、南部鉄器、大阪浪華錫器、別府竹細工、越前漆器、大館曲げわっぱ、四万十ひのきまな板、高岡銅器など100SKU程度を持参し展示販売いたしました。他の出展者の方も含めたくさんの方にお越しいただきました!
    https://iju-kouryu.jp/

     

     

    個別商談会

    ③販路開拓サポート事業

    主催:東彼商工会、monova運営にて行われた波佐見焼の展示販売会。ここで実施された個別商談会にバイヤー側で参加してまいりました。九州ホール(博多駅駅ビル)。波佐見焼の窯元、地元卸の方々に、商品特性や既存商流での課題点など伺いながら商談。

     

     

     

    講演活動

    ③販路開拓サポート事業

    ▪️東京都の創業支援Startup Hub Tokyo

     「ECビジネス成功のポイント」

    ▪️東京都雛人形工業協同組合

     「インターネット通販の現状と対策、伝統工芸の海外展開の可能性」

    ▪️公益財団法人東京都中小企業振興公社

     「バイヤーも納得する商品販売のコツ」

     「商談が取れるBtoB営業」
     「展示会出展レビューと今後のアクション」

    ▪️岡山市主催ECモールセミナー

     「強みを引き出すプロが教える!繁盛するネットショップ運営」

     「大手ネットショップ担当者が語るECモール出店セミナー」

    ▪️その他、各所で実施。

     

     

  • 工芸品展示所

    築地から徒歩圏内のitadaki BLDG *.2F HAMON GALARYに取扱工芸品の展示所を設置。イベント実施や即売会なども不定期開催。

    対象:百貨店、通販、雑貨店など小売業のバイヤーや海外販路開拓事業者など。

    <事前予約制>

     

    *itadaki BLDG.はものづくりを生業として独立したい方、クリエイター同士の交流を求めている方向けのシェアアトリエビル。

    itadaki BLDG.を運営する株式会社studio仕組様(日本刀の販売事業などを展開)と弊社共同で運営。

    工芸品の展示会やイベントなど開催。商談室で討議可能。

    当社、越境ECサイトにて販売している商品を中心に展示。

  • メンバー

    日本の工芸品を国内外に発信していくことに共鳴したメンバーのご紹介。

    松澤斉之

    中国四川大学に留学後、96年東京理科大学卒業。新卒でヤオハンジャパン入社。教育事業(現、株式会社ビジネス・ブレークスルー)立ち上げ期に参画し、起業家育成学校アタッカーズ・ビジネススクール事務局長。新規事業開発支援を特長とするコンサルティング会社、株式会社フロイデ役員(現在、パートナー)。インターネット通販大手アマゾンジャパンにてホーム事業部のインテリア・雑貨・工芸関連商品の担当バイイングマネジャー業務に従事。信金中央金庫など金融機関との新規取引メーカー開拓スキームを確立し1000社以上のEC化に貢献。16年日本工芸株式会社設立、代表取締役社長。SBI大学院大学MBA事業計画演習講師。独立行政法人中小企業基盤整備機構平成31年度国際化支援アドバイザー。​共著:企業における「成功する新規事業開発」育成マニュアル(日本能率協会総合研究所)

    アルマ レイエス

    フィリピン大学・インテリアデザイン卒業。米国バークレー大学でコンピュータグラフィックデザインを学んだ後、大阪外国語大学(日本語学科)および、京都工芸繊維大学(プロダクトデザイン/デザインマネジメント学修士課程)修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社勤務後、コピーライター、レイアウトデザイナーとして活動。

    主な編集書籍:”Takumi : L'artisanat traditionnel du Japon" (Traditional Japanese Crafts)

    “La déco des jeunes japonais" (Decorative Interiors by Young Japanese)

    長谷川じん

    デザイナー。高校卒業後に渡西。語学習得し、スペインの最大手百貨店El Corte Inglésに勤務、バイヤー業務に従事。バルセロナオリンピックとパラリンピックではマルチリンガルスタッフとして日本代表団をサポート。帰国後、98年にデザイン会社設立。『つながるデザイン』をコンセプトに、ビジネスモデルに影響を与える視点から、国立大学や上場家具会社のCI改編など多数のプロジェクトをリード。

    白井孝

    高校卒業後にカナダへ留学。WEBサイト構築を中心としたプログラミングを学ぶ。EC構築ASPの黎明期に、海外のASPサービスの日本進出に携わるなど、プログラマーおよびプロジェクトマネジメントとして多数のWEB関連業務に携わる。越境EC、WEB-IR領域プロジェクトの構築、運営業務を得意とする独立フリーランスとして活動。

    甲斐ゆき

    フ華道、煎茶道の師範の祖母と書道家の両親のもとで、竹細工、陶芸、ガラス、民藝などの工芸品に囲まれて育つ。大学院では比較文化学(江戸文学がもたらした、社会現象への影響)を修める。「人やモノの背景にある物語を文字にして伝える」をポリシーに、十三代酒井田柿右衛門氏など多数の取材を企画から編集まで行う。吹きガラスを愛するライター・エディター・プランナー。熊本在住。

  • SNS

    工芸品の仕入れや取材で訪問させていただいた工房やビジネス活動について。

  • お問い合わせ

    商品取扱、取材依頼、販路開拓のご相談、展示所へのご予約などお気軽にお問い合わせください。24時間以内にご返答申し上げます。